かつら・ウィッグ・男女用の違いって何でしょう?

かつらって何?

かつらとウィッグの違いって判りますか?
かつらと言うと、禿を隠す為にとか、医療用対策といったようなある種の必需品として欠かせないようなイメージではないでしょうか?
そのような用途であれば、女性男性を問わず同様な役割を果たすものですが、さて、そうなるとかつらとは一体どういったものを指すのでしょうか?
ウィッグを深く知るにあたっては、まずかつらについて考えてみる必要があると思います。


主なかつらの種類

かつらは、用途によって主には次のような形に分別されます。


1.男性用かつら

男性のかつらの需要としては、薄毛をカバーするためのものが圧倒的に多いです。その用途に応えるため、男性用のかつらは自毛に近く、自然に見えるタイプのものが主流です。また毛質についても人毛の素材のものが多いです。


2.女性用かつら

女性のかつらはファッションアイテムとしてのかつらが圧倒的に多いです。ファッションアイテムとしての洋服と同様に、ヘアスタイルもシーンに合わせて変更したいと女性のニーズに応えたものです。またこの用途ですと、かつらというよりウィッグといった方が適切かもしれません。他にも薄毛に悩む女性でも、オシャレを意識したかつらの需要は高いです。


3.医療用かつら

抗がん剤の副作用や円形脱毛症など、病気で毛髪が抜ける人のためのかつらです。皮膚への刺激の弱い素材や造りとなっているので、一般的なかつらよりも肌にやさしいという特徴があります。


毛量でかつらを分類した場合

かつらの毛量は用途や部位によって様々です。自分の頭部の形状や状態、使用方法に合わせて選択しましょう。


1.全体用かつら

頭部全体をすっぽり覆うかつらです。全体的に毛髪が薄い場合や、抗がん剤の副作用等で髪の毛が抜けているような場合や、円形脱毛症が広がる場合に主として使用されています。おしゃれ用のウィッグにも実はこのタイプは多いです。


2.部分かつら

毛髪の薄くなった部分にのみ使用するタイプのかつらです。頭頂部のボリュームアップに使用されることが多いです。装着する部位に合わせ、形状は様々あり、男女ともに需要が最もあるタイプのかつらです。最近ではおでこなどの生え際へ直接貼って装着するタイプの部分かつらも人気です。


販売時の形態で見るかつらの種類

かつらの販売の形態には、主に下記の3通りがあります。


1.オーダーメイド

自分の頭や毛髪に合わせて一から作るタイプのかつらです。頭部の形や毛髪の色、毛量を見て作られますので、自然で付け心地のいいかつらに仕上がります。


2.セミオーダー

既製のかつらより自分に合うものを選び、微調整するタイプのかつらです。オーダーメイドより価格は安く、かつ自分に合うものを作ることができますが、微調整にも制限があるので、オーダーメイドよりはナチュラル感には乏しいです。


3.既製かつら

既製のタイプを購入する際のかつらです。値段の安さはメリットですが、自分にフィットした自然状態を演出するには難しいです。微調整したい場合も、自分でカットか、美容院などで行う必要があります。


(関連記事)メンズウィッグの通販専門店

Pick-Up TOPICS

自然さを求めるならオーダーメイド

周囲に違和感をあたえない自然な状態を求めるのであれば、やはりオーダーメイドのかつらやウィッグを選ぶべきです。

人間の頭は一人一人で違いがあるのは当たり前です。髪のボリューム、髪質、色ももちろん違いがあります。そのため、既製品対応では、当然ピッタリと合うものを探すのは困難です。オーダーメイドであれば自分に合わせて作るれるため、このような問題はすべて解決できます。
また、自分でセットをする場合、鏡で見た正面の見え方よりも、実は後ろ姿の方が大事です。頭皮から毛髪が生えていないため、かつらやウィッグでは襟足が浮いて見えてしまうこともあるのです。そして、その少しの浮きが違和感となってしまうことも少なくありません。

オーダーメイドなら、個々人に合った形で違和感のないよう調整してくれるので、自然な雰囲気を作り出すことも可能です。

詳細はこちら
女性用と男性用のかつらに違いはあるの?

かつら自体の定義では、男性用と女性用に大差はありません。既製の商品の内容として毛質や毛髪の長さ、スタイルといったものには相違がありますが、明確な違いはありません。

では、なぜ男性用と女性用に分別されるのでしょうか?それは、男性と女性では、かつらの用途に違いがあるためです。かつらを求める女性ですと、圧倒的にファッション目的で購入することが多いのに対し、薄毛を理由に購入する人は少数派です。それと比較して男性の場合には、薄毛を理由にかつらを求める人が圧倒的に多く、むしろファッション感覚でかつらを求める人が少数派といえます。こういった用途の違いから、必然的に求められるかつらのタイプに違いが生じ、男性用と女性用で区別されているのです。

詳細はこちら
装着方式の種類

このように女性用と男性用にもかつらは相違があること、また求める要素によってかつらとウィッグの呼び方にも相違があることは前述で述べました。こういったかつらやウィッグは、基本ズレることのないように頭部にしっかりと固定しますが、その装着方式も様々なものがあります。

下記に代表的な装着方法を挙げてみましょう。

詳細はこちら

twitter & Bookmark

      このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載記事の参照元

ウィッグ通販の総合専門店

運営者情報

へあすたいる.info

免責事項

当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。